So-net無料ブログ作成

伝統的な健康食品「ゴマ」 [栄養]

ゴマ血管を若く保ち老化を防ぐ働きのある食品です。

ゴマ.jpg

ゴマは昔から高い薬効があると言われてきました。

ゴマの脂質の特徴として不飽和脂肪酸を多く含む事です。

リノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が血中コレステロールの上昇を抑える効果があります。

ゴマやひまわりの種などの種実類にはリノール酸やリノレン酸などの人体で合成出来ない必須脂肪酸が含まれています。

抗酸化成分でもあるセサミンやセサミノール、ビタミンEも豊富です。

また疲労回復に効果のあるビタミンB1も摂取することが出来ます。

外皮が固く生で食べるのは消火に良くないです。

フライパンなどで煎ってすりごま、切りごま等にすると消火、吸収が良くなります。

リノール酸やオレイン酸は空気酸化しやすいので使用する直前に用意することをおススメします。

そうすることで良質な脂肪酸を摂取出来ます。

ゴマにはセサミンやセサミノールなど抗酸化成分が豊富で癌や動脈硬化、脂質異常症などの予防効果があります。

種実類にはビタミンC、E、β‐カロテンなどの抗酸化ビタミンも豊富なので活性酵素を抑制し免疫力を高める働きがあります。

ゴマは様々な料理に使用できるので是非活用してみて下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0