So-net無料ブログ作成
検索選択

栄養たっぷりニンジンの魅力。 [食事]

ニンジンには大きく2つの種類に分ける事が出来ます。

人参.gif

普段よく食べる物は西洋型でアジアの型は濃い朱色の「金時ニンジン」として和食などでよく使用されています。

ニンジンの皮や葉などは捨てがちですが栄養がたっぷりあり丸ごと食べるように心が得るとより沢山の栄養を摂取することが出来ます。

ニンジンのオレンジ色にはβ-カロテンが詰まっています。

β‐カロテンやα‐カロテンは体内で一部がビタミンAに変化し、その残りがカロテンのまま血液中に入り癌を予防したり進行を遅らせる働きがあります

京ニンジンの鮮やかなオレンジ色はカロテンとリコピンの色で強力な抗酸化作用がある緑黄色野菜です。

β‐カロテンは皮のすぐ下に多いので皮は薄く剥くか無農薬の物を選び皮ごと食べ事をお勧めします。

油と一緒に食べるとカロテンの吸収率がアップします。

ビタミンC破壊酵素も含まれていて大丈夫かと不安になる方もいますが、そこまで気にしなくでも問題ありません。

血液中のカロテン量が減ると癌の発生率が高まりますがニンジンのカロテンは肺とすい臓の癌防止の効果もあります。

他にも食物繊維が豊富なのでお子様にも好き嫌いさせることなく食べさせてあげましょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0