So-net無料ブログ作成
検索選択

みんな大好き鮭のお話し。 [栄養]

今回は食卓に良く並ぶであろうをテーマにお話しします。

鮭.jpg

一般的な旬である秋に出回る「秋鮭」春の終わりから夏にかけて少量出回る物を「時鮭」などと呼ばれています。

時鮭は時を知らずに川に上ってきたもののことを言い、白子や卵を持っていないため脂が多くDHAやEPAも豊富に含んでいます。

ピンク色の身には餌として食べた海老などのカロテノイド色素の一種でアスタキサンチンが筋肉に溜まったものです。

抗酸化作用があるので悪玉コレステロールの酸化を抑え血管壁を保護する働きがあります。

鮭に含まれるビタミンDにはカルシウムの吸収を促進する働きがあります。

シチューやクリーム煮などの牛乳と組み合わせることで吸収率が上がります。

水煮缶は骨も食べられるのでカルシウムやカリウム、亜鉛なども摂取出来ます。

先ほど説明に出てきたアスタキサンチンの抗酸化作用はストレス性免疫低下の抑制、泊内病や胃潰瘍の防止に効果があると言われています。

多くの魚に含まれるEPAやDHAは脳細胞の活性化したり動脈硬化や血栓の予防にも役立ちます。

鮭のカロリーは大体100g200カロリーと言われています。

塩鮭などは塩分があるので食べる時は気を付けてくださいね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: